成長期が終わっても身長を伸ばす方法

MENU

成長期が終わっても身長を伸ばす方法

成長期が終わっても身長を伸ばす方法

いつの時代も身長の悩みは尽きない

もっと背が高かったら異性にモテるのに、背が高かったらスポーツがもっとうまくできるのに・・・など、身長が低いことに関する悩みは尽きませんよね。

 

特に男性は、身長が低いことがコンプレックスになってしまいがちです。
女性はある程度身長の高い男性を好む傾向があります。男性と一緒に並んで歩いた時に、自分のほうが背が高くなってしまうことを嫌がる女性は多いものです。自分よりも身長の低い男性と付き合うと、気軽にハイヒールを履けなくなると考える女性も多いでしょう。

 

一方女性も、すらっとしたモデル体型に憧れて身長を伸ばしたいと考える方は多いのではないでしょうか。
身長に関する悩みは、男女ともにいつの時代も尽きないものと言えるでしょう。

 

体重を増やしたり減らしたりすることは、成長期が終わっていても比較的容易です。でも身長に関しては、やはり成長期を過ぎてしまうと伸ばすのは難しいのかな・・・と思ってしまいますよね。実際にはどうなのでしょうか?

 

諦めてしまってはそこで終わりです!可能性がある限り、挑戦していきたいですよね。
身長が伸びるメカニズムや、成長期が終わっても身長を伸ばす方法について次からお話していきますので、ぜひ実践してみてください。

 

身長の伸びるメカニズムは?

身長の伸びるメカニズムは
身長を伸ばす方法を知る前に、まずは身長が伸びるメカニズムからお話していくことにしましょう。

 

「骨端線」が成長することで骨が伸びる!

身長を伸ばすためには「骨の成長」が大事になってきます。骨が成長して長くなることにより、身長も伸びるのです。

 

骨がどうやって伸びるのかというと、骨の新陳代謝によって端(骨と骨のつなぎ目)にある「骨端線」という軟骨が成長するから。子供のころにはこの骨端線は柔らかい状態ですが、成長期を過ぎて大人になると固くなってしまいます。これによって、身長が伸びなくなってしまうのですね。
骨端線は、一般的に16歳〜18歳くらいで固くなってしまう方が多いと言われています。この時期は、性別でも差があり、個人差もあるのが現実です。
骨端線が固くなっているかどうかはレントゲンを撮ってみると分かります。骨端線が柔らかければ、レントゲンを撮った時に骨と骨の間にすき間ができているように見えます。

 

各種ホルモンや栄養も大事!

骨端線の成長に欠かせないのが、成長ホルモンや甲状腺ホルモン、性ホルモンです。
成長ホルモンは、肝臓に働きかけてソマトメジンCという物質を作り出します。ソマトメジンCは骨端線の成長に欠かせないもの。成長ホルモンは睡眠中に多く分泌されますから、身長を伸ばすためにはきちんと睡眠をとることが大事です。

 

さらに、栄養のバランスが取れた食事も大事。カルシウムやその吸収を助けてくれるビタミンD、そのほかマグネシウム、たんぱく質なども身長を伸ばすのには欠かせません。

 

成長期が終わってから身長を伸ばすには?

成長期が終わってから身長を伸ばすには?
成長期が終わっていても、身長を伸ばすことができるのでしょうか。
一般的には、骨端線が固くなってしまってからでは成長は望めないとされています。しかし、成人してからも身長が伸びたという方もまれにいらっしゃるようです。
ただしこればっかりは科学的根拠なども無く、努力をしても効果が出ない方もいらっしゃいます。それは初めから頭に入れておいてください。

 

それでも、実際に成長期が終わってから身長が伸びた例があるというのなら、やってみる価値はあるかもしれませんね。

 

食事、睡眠に気をつける

骨端線が閉じて(固くなって)しまってからは、いくら身長を伸ばすための栄養を摂っても睡眠をしっかりとっても、一般的には成長は望めないとされています。しかし、まれに成人しても骨端線が閉じない方もいらっしゃるようです。そのような方の場合、食事や睡眠不足に気をつけることでまだ身長を伸ばすことができる可能性が高まります!

 

成長ホルモンの分泌を促すために、しっかりと睡眠を摂りましょう。たんぱく質やカルシウム、マグネシウムなどを意識して摂取し、バランスの良い食事を心がけてみてください。

 

体のゆがみを治す

体のゆがみを治して、実際に身長が伸びたという方もいらっしゃるようです。具体的にはカイロプラクティックなどに通ってプロに診てもらうのが良いようですが、自分で行うならストレッチやヨガを習慣にしてみてはいかがでしょうか。

 

常に姿勢を正しく意識する

猫背になっていると、それだけ身長が低く見えてしまいますよね。姿勢を正しくしただけで、数cm身長が伸びることはよくあることだとか。
上から糸で吊られているようなイメージで、腹筋に力を入れ、背筋を伸ばして立ちましょう。歩くときにはみぞおちのあたりから自分の脚が生えているようなイメージを持つと、猫背が改善しやすいと言われています。

 

シークレットブーツを履く

これは身長を伸ばす方法とは少し違ってしまいますが、実際に成長期を終えてから身長を伸ばすことは難しいため、手っ取り早く身長を高く見せたい方にはおすすめの方法と言えるでしょう。
シークレットブーツだけでなく、最近では背を高く見せるスニーカーやビジネスシューズなどもあるようです。背を高く見せてくれる靴を専門に扱うショッピングサイトなどもあるようですから、TPOに合わせて背が高く見える靴を複数揃えてみてはいかがでしょう