背(身長)を伸ばす方法 小学生 中学生 高校生 成人 ストレッチ

MENU

身長が伸びないのは病気?

身長が伸びないのは病気?

 

お子さんの身長が伸びない事でお悩みの方もいるかと思います。そこで今回は身長が伸びない原因と対策をそれぞれ色々な角度から考えていきたいと思います。

 

・病気である場合
・体質、遺伝
・環境

 

まずはこの3つの観点から順々に見ていこうと思います。

 

病気である場合

 

子供の身長が同性同年齢の平均身長に比べて著しく低い場合は、医学的には低身長と定義され、低身長症と呼ばれます。低身長症の割合は、同性同年齢の子供100人の2〜3割といわれています。

 

子供の身長の伸びが同性同年齢の平均的な伸び率に比べて低い場合も、低身長症と言えます。目安としては、小学校低学年の場合は、男女ともに1年間で5〜6cm身長が伸びるのを標準として、この数値が4cmを下回る状態が2年以上続くと、低身長症となります。

 

基準(1)と(2)の両方が当てはまる場合、または片方が当てはまる場合のどちらでも「低身長症」であると定義されています。

 

では、低身長症になる原因はどこにあるのでしょう?

 

病気である場合

原因として考えられるのは「ホルモン異常」や「骨や染色体の異常」が考えられます。

 

ホルモンの異常

一つに成長ホルモンの異常が考えられます。サッカー選手のメッシがこの症状だったといわれています。

 

骨の成長を促して身長を伸ばす働きをする「成長ホルモン」の分泌が不足することで低身長になるケースです。分泌が不足する原因には、脳の外傷や脳腫瘍などが考えられますが、原因無くホルモンの分泌が低下する場合もあります。

 

また成長ホルモンは、睡眠時に活発に分泌されるので、夜更かしや寝不足などもホルモンにとっては天敵となるでしょう。

 

次に甲状腺ホルモンの不足が考えられます

 

甲状腺ホルモンにも骨を成長させる働きがあるため、甲状腺ホルモンの不足も低身長の原因になります。慢性甲状腺炎によって甲状腺が破壊されるもの(原発性甲状腺機能低下症)、生まれたときから甲状腺機能に低下が見られる先天的なもの(クレチン症)などがあります。

 

骨や染色体の異常

成長に関する遺伝情報を含む染色体の欠損や突然変異による病気でも低身長が引き起こされることがあります。症状のひとつとして低身長があげられるものには、「ターナー症候群」や「プラダー・ウィリー症候群」などがあります。

 

骨の異常

骨や軟骨そのものに異常があって、骨の成長がうまくいかないケースで、「軟骨無形成症」や「軟骨低形成症」などがあります。

 

病気でない場合

体質・遺伝

体質や遺伝的に低身長であるもの。両親に骨格や体格が似るといったものになります。

 

環境

睡眠不足や栄養の失調や偏り、またはストレスにより正常に成長しない場合を指します。

 

また、試の在り様もあり、例えば両親からのネグレクトや虐待など、愛情を感じられずにいた場合、成長が遅れたり停滞したりしてしまう場合もあります。

 

身長が伸びない原因としては主に上記した通りになり、どの原因により身長が伸びないかを理解しておくことが大切になります。正しく把握しておけばそれによる対策もとりやすいからです。