背(身長)を伸ばす方法 小学生 中学生 高校生 成人 原因 理由

MENU

身長が伸びない原因と理由

身長が伸びない原因と理由

 

ここで少し視点を変えて、身長と座り方の関係について見ていきたいと思います。

 

座り方など、身長を伸びなくさせる原因となる生活スタイルは足を曲げて座ることです。つまるところ、床に直接座るのは身長を伸ばすにはあまり良くない習慣になっているといえます。

 

畳の上に座るという日本の文化に根差した行為も身長には良くないものになってしまいます。

 

胡坐(あぐら)と正座

 

床に座ると床と自分の太ももとの間でスネが上下から挟まれる形になります。いわゆる「胡座(あぐら)をかく」という座り方ではスネの骨に左右から力が加わるため、スネの骨を正面から見て外側へ曲がっていきます。

 

「正座」という座り方ではスネの骨に前後から大きな力が加わる事となり、スネの骨を横から見て前へ膨れるように曲がっていきます。

 

この時の力は胡座をかいた時の力よりも大きいため、足の甲の向き(両くるぶしが付かずに爪先だけを揃える)によっては、胡座をかいた時と同じようにスネの骨に対して外側へ曲がる力が加わる事があります。

 

どちらの座り方も短時間ならば特に問題があるわけではありませんが、長期的に長時間繰り返し行うことで当然、骨への影響も強まっていきます。

 

ましてや、日本人が床に座り始めたのは昨日今日の話ではなく、文化レベルの古からです。こうした文化が日本人の特徴である日本人体型を形成した可能性は決して低くありません。

 

また床に座るのにも良い姿勢での座り方もあります。ですがそうした作法の習得も現代の日本の生活から考えれば難しいでしょうし、間違った座り方を続けていけば、猫背などにもなりやすく、身長だけではなく、腰痛や肩こり等の症状の原因にもなりかねません。

 

時と場合でしなくてはならない時以外は、なるべくしないほうが良いでしょう。

 

身長に良い座り方

 

まずは、可能な限りソファーに腰掛ける習慣を作り、足を伸ばすようにしましょう。また、足が床につかない程度の高い椅子に座るのもいいです。

 

多少危険なイメージもありますが足が引っ張られる形になるので骨の成長には良いといえます。

 

しかし、例え良い理想的な姿勢を身に付けたとしても、やはり長時間同じ姿勢でいるのは望ましくありません。やはり幼少期の頃から床ではなく椅子に座る習慣を身に付けるようにしていくのが望ましいです。

 

私も日本人なので、やはり日本独特の畳で正座をしながら勉強というスタイルは親しみを覚えたりはするのですが、体にとってはあまりお勧めは出来ません。
絵を描く、本を読むといった事も正しい姿勢で椅子に座りながらの習慣を身に付ける事が大事だと言えるでしょう。

 

余談ではございますが、バスケ部であった私はよくつま先立ちをして歩くということを習慣づけていました、その甲斐あってなのか背の順では常に後ろの方にいました。

 

バスケを辞めてから身長の伸びはかなり減速してしまいましたが、それでも現在の身長は177cm、自分では身長に対しては何の不満も抱いてないのが正直なところです。